ニュース一覧

英語を使った事務業務

女性

専門的な知識が必要

事務職の中でも貿易に関する求人は増えており、グローバル化社会において今後さらに求人数は増えると考えられています。そこで貿易事務を目指す人は、まず貿易会社の仕組みや求人の見方等を事前にしっかりと把握しておきましょう。まず貿易会社の中には、輸入と輸出を行う企業があり両方を扱う企業もあります。輸入か輸出で業務が異なるケースもあり、より専門的な知識が求められるケースもあります。貿易事務の主な業務は書類の手配や通関の手配等が含まれるため、輸出入を行う中で船便か航空便かで、作成すべき書類が異なり、過去にどちらの経験があるかによって求人へ応募出来るか決まる事もあります。貿易事務と一言で言っても、この様に様々な業務があるため、誰でもどの求人でも受かるという保証はありません。そのため、ご自身の過去の経験やスキルを活かして求人を調べる事をお勧めします。そして、実際貿易事務の求人へ応募する際には就業時間にも注目しましょう。海外とのやり取りが多い場合、時差の関係上夕方から業務が増えるケースも多く、就業時間が長くなる可能性もあるでしょう。残業時間がかさむ場合には、その分残業代の支給があるのかどうかも確認する必要があるでしょう。貿易事務の仕事は、将来的にも長く働ける仕事の一つでもあり、ライフスタイルが変わっても様々な雇用形態で働ける仕事でもありますので、将来のキャリアや働き方を検討しつつ、求人検索を行ってみましょう。

Copyright© 2018 貿易事務の求人から仕事に挑戦【一般事務職に比べて給与は多い傾向】 All Rights Reserved.